医学部 基礎医学生化学ⅠBiochemistry I

JapaneseEnglish

研究室HP

生化学1集合

1974年(昭和49年)2月、岡田利彦教授が着任し生化学第一教室を開設。1982(昭和57年)年12月、開設時の臨床研究棟7階より基礎研究棟4階へ移転。1983年(昭和58年)、伊達孝保が助教授に着任し1992年(平成4年)に第2代教授となる。1997年(平成9年)1月、岩淵邦芳が本学血液免疫内科学から移籍し助教授に着任、2009年(平成21年)1月より第3代教授となる。松井理助教、2010年4月着任の砂谷優実助教、2013年1月着任の逆井良助教、2015年4月着任の岡野直子研究補助員、橋川裕子研究補助員、さらに谷原清美事務員のスタッフ7名で研究・教育を行っている。教育では生化学II講座(米倉教授)と共同で、第一学年の「代謝と遺伝Ⅰ」講義、第二学年の「代謝と遺伝II」講義・実習を担当している。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8109 +81-76-218-8109 / FAX: 076-286-4693 +81-76-286-4693 / Email: biochem1@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 岩淵 邦芳 生化学Ⅰ-3岩淵

助教

  • 松井 理
  • 逆井 良
  • 砂谷 優実

研究補助員

  • 岡野 直子
  • 橋川 裕子

事務員

  • 谷原 清美

主な研究業績

部門別研究業績

  • Iimori M, Watanabe S, Kiyonari S, Matsuoka K, Sakasai R, Saeki H, Oki E, Kitao H, Maehara Y. Phosphorylation of EB2 by Aurora B and CDK1 ensures mitotic progression and genome instability. Nat Commun. 2016, doi: 10.1038/ncomms11117.
  • Sakasai R and Iwabuchi K. The distinctive cellular responses to DNA strand breaks caused by a DNA topoisomerase I poison in conjunction with DNA replication and RNA transcription. Genes Genet. Syst. 2015, 90(4)
  • Yoo JS, Takahasi K, Ng CS, Ouda R, Onomoto K, Yoneyama M, Lai JC, Lattmann S, Nagamine Y, Matsui T, Iwabuchi K, Kato H, Fujita T. DHX36 enhances RIG-I signaling by facilitating PKR-mediated antiviral stress granule formation. PLoS Pathog. 2014, 10(3):e1004012.
  • Guerra B, Iwabuchi K, Issinger OG. Protein kinase CK2 is required for the recruitment of 53BP1 to sites of DNA double-strand break induced by radiomimetic drugs. Cancer Lett. 2014 Apr 1;345(1):115-23.
  • Kurosawa A, Saito S, So S, Hashimoto M, Iwabuchi K, Watabe H, Adachi N. DNA ligase IV and artemis act cooperatively to suppress homologous recombination in human cells: implications for DNA double-strand break repair. PLoS One. 2013 Aug 14;8(8):e72253.

主な外部研究資金

  • 挑戦的萌芽研究 岩淵邦芳 アポトーシス細胞におけるクロマチンの細胞表層露出のメカニズム解明 
    平成27年度〜平成29年度
  • 基盤研究C 松井 理 細胞骨格接着分子プレクチンの放射線誘発DNA損傷応答における新規機能の解明 
    平成27年度〜平成29年度
  • 若手研究B 逆井 良 ユビキチン依存的DNA-PK活性化が導く抗がん剤感受性のメカニズム解明 
    平成27年度〜平成29年度
  • 若手研究B 砂谷優実 DNA損傷修復蛋白質XRCC4の脱リン酸化がアポトーシス促進の引き金となるか 
    平成26年度〜平成28年度
  • 基盤研究B 岩淵邦芳 DNA二重鎖切断修復からアポトーシスへのシグナル変換における53BP1の機能解析 
    平成23年度〜平成25年度