医学部 基礎医学生化学ⅠBiochemistry I

JapaneseEnglish

研究室HP

生化学1集合

1974年(昭和49年)2月、岡田利彦教授が着任し生化学第一教室を開設。1982(昭和57年)年12月、開設時の臨床研究棟7階より基礎研究棟4階へ移転。1983年(昭和58年)、伊達孝保が助教授に着任し1992年(平成4年)に第2代教授となる。1997年(平成9年)1月、岩淵邦芳が本学血液免疫内科学から移籍し助教授に着任、2009年(平成21年)1月より第3代教授となる。松井理助教、2010年4月着任の砂谷優実講師、2013年1月着任の逆井良助教、2015年4月着任の橋川裕子研究補助員、2017年7月着任の山名田英子研究補助員さらに谷原清美事務員のスタッフ7名で研究・教育を行っている。教育では生化学II講座(米倉教授)と共同で、第一学年の「代謝と遺伝Ⅰ」講義、第二学年の「代謝と遺伝II」講義・実習を担当している。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8109 / FAX: 076-286-4693 / Email: biochem1@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 岩淵 邦芳 生化学Ⅰ-3岩淵

講師

  • 砂谷 優実

助教

  • 松井 理
  • 逆井 良

研究補助員

  • 橋川 裕子
  • 山名田 英子

事務員

  • 谷原 清美

主な研究業績

部門別研究業績

  • Okamoto Y, Iwasaki WM, Kugou K, Takahashi KK, Oda A, Sato K, Kobayashi W, Kawai H, Sakasai R, Takaori-Kondo A, Yamamoto T, Kanemaki MT, Taoka M, Isobe T, Kurumizaka H, Innan H, Ohta K, Ishiai M, TakataM. Replication stress induces accumulation of FANCD2 at central region of large fragile genes. Nucleic Acids Res. 2018, 46(6): 2932-2944, DOI: 10.1093/nar/gky058
  • Sunatani Y, Kamder RP, Sharma MK, Matsui T, Sakasai R, Hashimoto M, Ishigaki Y, Matsumoto Y, Iwabuchi K. Caspase-mediated cleavage of X-ray repair cross-complementing group 4 promotes apoptosis by enhancing nuclear translocation of caspase-activated DNase. Exp. Cell Res. 2018, 362(2): 450-460, doi: 10.1016/j.yexcr.2017.12.009.
  • Sakasai R, Isono M, Wakasugi M, Hashimoto M, Sunatani Y, Matsui T, Shibata A, Matsunaga T, Iwabuchi K. Aquarius is required for proper CtIP expression and homologous recombination repair. Sci. Rep. 2017, 7(1): 13808, doi:10.1038/s41598-017-13695-4
  • Matsui Y, Sunatani Y, Hayashi N, Okino K, Okushi Y, Mukai K, Adachi H, Yamaya H, Iwabuchi K, Yokoyama H. DNA double-strand breaks induced intractable glomerular fibrosis in renal allografts.
    Clin Exp Nephrol. 2016, 20 (3): 479-488, doi: 10. 1007/s10157-015-1174-3.
  • Iimori M, Watanabe S, Kiyonari S, Matsuoka K, Sakasai R, Saeki H, Oki E, Kitao H, Maehara Y. Phosphorylation of EB2 by Aurora B and CDK1 ensures mitotic progression and genome instability.
    Nat Commun. 2016, doi: 10.1038/ncomms11117.

主な外部研究資金

  • 基盤研究B 岩淵邦芳 53BP1の生体維持機構:DNA損傷修復からアポトーシス細胞への免疫寛容誘導まで
    平成30年度〜平成32年度
  • 基盤研究C 逆井 良 転写は相同組換え経路のスイッチになりえるか
    平成30年度〜平成32年度
  • 挑戦的萌芽研究 岩淵邦芳 アポトーシス細胞におけるクロマチンの細胞表層露出のメカニズム解明
    平成27年度〜平成29年度
  • 基盤研究C 松井 理 細胞骨格接着分子プレクチンの放射線誘発DNA損傷応答における新規機能の解明
    平成27年度〜平成29年度
  • 若手研究B 逆井 良 ユビキチン依存的DNA-PK活性化が導く抗がん剤感受性のメカニズム解明
    平成27年度〜平成29年度